back to nature

2017年2月から約2年間で世界一周をします。旅で見たこと感じたことを自由に書いていこうと思います。ほぼ自己満足な記録ではありますが、自身の旅の経験が少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

大邱(テグ)

釜山を出発して韓国の第三の都市・大邱へ来ました。

バスで2時間くらいです。

 

先ずは宿へ向かいます。釜山と違い大邱の宿は全て高く、宿の予約サイトAgodaの最安(でも街の中心部)を予約しましたがそれでも一泊1800円くらいします(°_°)no〜

 

でも良い感じの洒落たホテルぅ〜✨

*プールの写真は夜撮りました。

f:id:kensukemurase:20170719185706j:image

f:id:kensukemurase:20170719185729j:image

宿に着いて少しゆっくりしたいところですが無駄に連泊するわけにはいかないので直ぐに出掛けました。

 

やって来たのは薬令市場博物館。

f:id:kensukemurase:20170719190656j:image

大邱は昔から韓方の地として知られています。

韓方とは、
僕らが一般的に聞く中国の漢方を韓国独自の医学で発展させたものだそうです。高麗人参やトラジなどを使うらしい。

 

この博物館では韓医学韓方の歴史についての資料や展示があります。

f:id:kensukemurase:20170719192908j:image

f:id:kensukemurase:20170719192932j:image

f:id:kensukemurase:20170719192957j:image

 

エリア日本語での説明もあるので内容はよく分かりますがあんまり楽しくなかったです。

僕が見かけたお客さんは館内にたった3組。。。

 

何故ここに来たかと言うと大邱は何もする事が無いのです。。。

(後にソウルへ行った際に、宿のオーナーに大邱へ行ったことを話すと何も無いのに何しに行ったの?と笑われるくらいです。)

 

昔はこんな感じの街並みだったのが、

f:id:kensukemurase:20170719193723j:image

今はこれ。

f:id:kensukemurase:20170719193751j:image

唯一残ってるのは門。

f:id:kensukemurase:20170719193946j:image

これ以外、韓方の町感はないです(°_°)

 

ただここの路地裏フードはまぁまぁ美味しかった。揚げ餃子みたいな感じ。

f:id:kensukemurase:20170719194300j:image

f:id:kensukemurase:20170719194322j:image 

 

その後は周辺をブラブラしていると慰安婦像が。ここにもあったんだ。。。

ってことで調べてみたら現在国内に60体あるみたいです。。。

f:id:kensukemurase:20170719194727j:image

 

後はショッピングメインのところばかりだったので興味なし!

 

こんな感じで大邱観光はやんわり終わりました。

 

ちゃんちゃんっ( ´_ゝ`)

広告を非表示にする

9カ国目、韓国🇰🇷釜山で5年ぶりの再会。

夕方の便で韓国・釜山へやって来ました。

約150人程乗れる飛行機に乗客が15人程しかいなくてびっくりでした。笑

 

本当は北京のあとは上海へ行きたいところでしたがビザの残存日数が3日しか無く、中国を離れることに決めたのです。

 

韓国に到着して先ず感じたことは物価が高い!!

 

日本程ではないですが、1ヶ月前まで東南アジアを旅していた僕には尚更高く感じます。

 

だけど、街並みは日本にいるのと然程大差がないくらい発展していて妙な安心感はあります。笑

 

ただ大変なのはハングルが全く読めないということ。

 

飯屋探しに外を歩いていても何屋さんか分からない。。。

物価が高い分適当に注文するのはまぁまぁのリスクですし。

 

そういう点では中国にいる方が若干漢字が読める分、想像しやすいです。

 

それと飯で困るのが多くのメニューが2人前からしか注文できないということ。。。孤独のバックパッカーには辛いです。

 

でも折角韓国来たしサムギョプサルが食べたい(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

ということでドミトリーのルームメイトを募り、行ってきました!

f:id:kensukemurase:20170709012853j:image

食べ放題9900ウォン(≒980円)

安い!!

良い店見つけたと思ったけどサムギョプサルの食べ放題の店の相場は10000ウォンらしいです。

久々に肉をたらふく食べれて満足です✨

 

満腹になり宿へ帰ってベッドでごろごろしていると韓国人の友人からメールが来ました。

 

中国の次に韓国へ行くことは決めていたので1ヶ月前くらい前に都合が付けば会えるかなと思ってメールを送っていたのですが、全く既読にもならず諦めていたのです。

 

そして彼はここ釜山に住んでいます。

早速翌日会うことになりました。

 

待ち合わせは僕の宿の最寄り駅のホーム。

 

エリック(韓国人はイングリッシュネームというのを持っている)とは5年前にカナダのワーホリ期間中に知り合った友達です。

一緒にルームシェアしていた時期もありました。

 

ホームで待っていると変わらない姿のエリックが登場!変わってなさすぎてびっくりしました。ヘアスタイルまで一緒。笑

 

エリックのオススメのカフェで冷麺を食べた後、別のカフェでおしゃべり☕️

懐かしい話を色々する事ができて楽しかったです。ワーホリを終えた後は各々が別の道を進んでるんだなぁと思ったら何だかしみじみきました。

f:id:kensukemurase:20170719173650j:image

夜は屋台飯を色々食べました。

中でもこれが一番美味しかった。

ナッツがたくさん入っている屋台スイーツ。

f:id:kensukemurase:20170719174501j:image

f:id:kensukemurase:20170719174529j:image

 

翌日もエリックは予定なしということだったので、色々ぶらぶら。

特に観光などはせず、とにかく歩き回りました。けど釜山は海が近い為、この時期でも暑過ぎず、快適に過ごせるので散歩にもってこいです。

f:id:kensukemurase:20170719175555j:image

この日はずっと食べたかった豚のホルモン焼を食べました。あと韓国名物のソジュを嗜む程度に飲みました。

f:id:kensukemurase:20170719180235j:image

締めは余らせた具材にライスを混ぜたポックンパ!

f:id:kensukemurase:20170719180408j:image

韓国の御飯は日本人の口に合います(^^)

 

体の大きいエリックはまだ飲み足らない

というので日本居酒屋へ移動。

f:id:kensukemurase:20170719181113j:image 

つまりはエリックとは食べてばかりの2日間を過ごしました。笑

f:id:kensukemurase:20170719182709j:image

ありがとうエリック😊🤚

北京着。万里の長城。

西安での滞在は2日間。

兵馬俑見に行ったこと以外に何をしたかというと、同じ部屋に泊まってた中国人の男の子と自転車で西安の中心部を周ったくらい。

 

特に面白いことはなかったです。笑

 

次に移動しよう!ってことで

北京です。

 

列車に乗る予定でしたがプラス約2000円で航空券が買えたので飛行機で行くことに✈️

3ヶ月弱ぶりです。

 

早めに空港へ到着してラウンジで優雅に飯を食いながらゆっくりしてました。

久々に贅沢な飯を食べました。

 

北京へ向けて出発です!

f:id:kensukemurase:20170628151703j:image

 

到着したのは0am過ぎ。

もう地下鉄は走ってません。

 

そう、最初から空港泊するつもりできました!

だって宿代浮くし他の時間の便よりも3000円弱も安いもの!!

 

てことでベンチの椅子を3つ使って横になり、そのまま朝を迎えました✨

意外と空港泊している人が多くてベンチは取り合いでした。笑

 

朝10時起床。

通常より長く寝たし、よく眠れました。

 

そして、予約している宿へ行く為地下鉄を使います。到着した前門駅は外国人が多く、多分観光スポットなんだろうなという感じ。

f:id:kensukemurase:20170628152720j:image

f:id:kensukemurase:20170630003556j:image

f:id:kensukemurase:20170628152805j:image

土産物ストリート内100〜200Mくらいの短い距離を列車が走っています。

乗客は4人くらい。

この列車要らないでしょ。

4人乗ってるだけでも奇跡なくらい。笑

 

あとは銅像がちらほら。

見てるだけですけど色んなシチュエーションがあって楽しいです。

f:id:kensukemurase:20170630003535j:image

f:id:kensukemurase:20170630003616j:image

しばらく歩き、予約しているLAOホステルへ到着です。 

 

しばらく部屋でゆっくりして、外へ出かけます。

 

街は警察だらけ。

道を真っ直ぐ進みたいのにフェンスだらけで無駄に遠回りさせられてストレスです。

ことあるごとに荷物検査もあるし、何だこれはと思っていたら何か見えます。

f:id:kensukemurase:20170629223037j:image

更に近づきます。

 

f:id:kensukemurase:20170629223114j:image

 

あっ!これは軍事パレードの時とかにTVでよく観るアレですね!!

習近平さんの写真をバックに写真を撮る人たちの写真を撮る僕。

 

この建物の先に行きたかったんだけどまたもやフェンスに拒まれてる間に強めの雨が降って来たので諦めて宿に帰ることに。

 

ここでサプライズ!

 

西安兵馬俑の帰りのバスで会った日本人のハヤトさんが同じ宿にいた!

 

1000km以上離れた場所で偶然再会することなんて日本ではありえないことだけど、旅をしているとこういうことが起こるのは不思議なことです。

f:id:kensukemurase:20170629235952j:image

夜はハヤトさんと飯を食べた。

 

 

翌日。

 

北京といえば万里の長城

 

地下鉄と列車を乗り継いで向かいます。

列車の本数が極端に少なくて2時間待った。

その間に食べた肉まんが美味しかった。

f:id:kensukemurase:20170630000325j:image

日本の1/2より少し小さいサイズで10個入り。

値段はたったの6元(≒100円)。

本場の肉まんはハイパフォーマンスでした✨

 

入場料は40元(≒660円)で中国にしては良心的な金額です。

 

万里の長城は全長6000kmと言われています。アメリカとカナダの国境より長いというのだから驚きです。

 

世界七不思議に登録されています。

f:id:kensukemurase:20170630001049j:image

当然端から端までは不可能なので僕は観光客に一番人気のある八達嶺というポイントを訪れました。

 

エントランスを越えて目の前の万里の長城に向かって左側に行くと上り坂の多い"男坂"。右側に向かうと緩やかな"女坂"です。

 

男坂から見る女坂の景色が綺麗だという話を3ヶ月くらい前にマレーシアを旅してた時に会った日本人の大学生が言ってたのを覚えてたので、当然男坂を選択。

 

下の写真は振り返りながら撮ってます。

f:id:kensukemurase:20170630001430j:image

f:id:kensukemurase:20170630001521j:image

 

男坂はたまに凄い急斜面な階段があったりします。雪が降ってたりしたら多分死にます。

f:id:kensukemurase:20170630001551j:image

 

どんどん進みます。

 

 

ちょっとしんどくなってきました。

歩くペースが落ちます。

 

 

何故かって?

 

 

 

草履(ゾウリ)だからです。笑

そんなやつ周りにいませんでした。

f:id:kensukemurase:20170630002603j:image

 

更に進んで行くと人があんまりいなくなってきます。

f:id:kensukemurase:20170630002810j:image

 

そして行き止まり!ここまで!

f:id:kensukemurase:20170630002922j:image

 

万里の長城は老朽化によって通行禁止にしていたり、壊れてしまったりと全てを歩けるわけではないのです。

これらの理由以外に、万里の長城の一部分を家に持ち帰ってる阿保もいるらしいです。

 

来た道を戻り、列車に乗って宿に帰りました。

世界遺産の兵馬俑

西安といえば、兵馬俑!!

学校の教科書にも登場しますね。

正直僕は覚えてません。

 

世界遺産ということで行って来ました。

中心街から結構離れた場所にあるんですけど、専用のバスが出てるので楽に行けます。

 

兵馬俑とは、

亡くなった始皇帝のお墓を守るために

 

始皇帝が亡くなり、死後の世界でも彼を守る為に兵士や馬を形どった俑のこと。

これを作ったことによって始皇帝に仕える兵士らが殉死することを防いだらしい。

作られたのは2200年以上前の話。

 

これが兵馬俑です。

f:id:kensukemurase:20170628142411j:image

ひとつひとつ違う表情をしていて同じものは無いらしいです。

f:id:kensukemurase:20170628142429j:image

f:id:kensukemurase:20170628142841j:image

f:id:kensukemurase:20170628142903j:image

f:id:kensukemurase:20170628142934j:image

 

1〜3基まであって全て見学できます。

 

 

ちなみにこれらを掘り当てたのはこの地域に住む村人で、今では大金持ちらしいです。本にサインしたりしてるらしいです。笑

 

規模に驚きました。俑も精巧に作られています。

すごい!

すごいけど入場料が高すぎ!!

150元(≒2500円)って!!

 

おい、中国!!そういうところだぞ!!笑

広告を非表示にする

パンダ基地&チベット食事会

12時間程かけて成都へ戻りました。

途中の休憩所で買ったチェリーが予想以上に美味しかったです( ͡° ͜ʖ ͡°)✨

f:id:kensukemurase:20170628132147j:image

 

成都に帰ってからは特にやることがなく、何となくパンダの研究をしているパンダ基地へ行ってみることにした。

f:id:kensukemurase:20170628132407j:image

f:id:kensukemurase:20170628132439j:image

f:id:kensukemurase:20170628132533j:image

 

愛くるしい。。。

パンダが好きになりました。

 

降りるの絶対大変なのに木に登っちゃうあたりなんて可愛過ぎました。

f:id:kensukemurase:20170628132712j:image

 

楽しかったです。癒されました。

もしパンダ基地に来てなかったらと思うと恐ろしいです。と思うくらい良かったです😄伝わります?

 

パンダ基地の後は街をぶらぶら。

偶然にチベット茶のお店を見つけた。

f:id:kensukemurase:20170628134443j:image

お土産用だったのでちょっと高くて、貧乏な僕には手が出ず。。。

 

だけど色んなお茶を試飲させてもらった。

椅子に座って店員さんと話しているうちに次々とチベット人が来店(6人)して来てお店は普通の喫茶店状態に。

 

話の流れで一緒にディナーに行くことになった♪

お坊さんがキムにぃみたいでした。笑

楽しいディナーでした!

本当にチベット人が好き過ぎます😆

f:id:kensukemurase:20170628135037j:image

 

 

翌翌日、西安へ向かうため駅へ。

(翌日のチケットは満席で無駄にもう一泊しました。)

 

13時間の列車移動です。

10時間以上の移動はチベットで慣れたので、寝台ではなく椅子の席で予約。

1700円くらい?

 

西安に着いた頃には疲れ果ててました。

なんでだろう、座ってるだけなのにバス移動より疲れました。

多分向かい合わせの座席だからかな?

なんか落ち着きませんでした。

 

西安に付いてたのは23時近く。

ユースホステルにチェックイン。

 

すぐ寝ました。

聖地・色達&ラルンガルゴンパ

到着しました色達!!

 

僧!僧!僧!

見渡す限り僧でいっぱいです。

f:id:kensukemurase:20170627000454j:image

 

今までの町とは僧の割合が全然違います。

ここにいるのは僧と一般のチベット人と中国人だけ。外国人は立ち入り禁止なので当然見ません。

 

先ずは宿探し。

ただでさえ見た目が違うし(ロングヘアだし)、デカいバックパックを背負って歩いていると皆んなの視線を感じまくりなので早いとこチェックインしなければ!!

 

予め地図アプリでユースホステルの場所を確認してたのでそこへ向かいます。

何故そこにしたかって?外国人不可なはずなのにインターナショナルユースホステルという名だったからです。

微かな望みを持ってホステルの門を叩きます。

 

スタッフは当然中国語で話しかけてきます。

が、全くわからないので英語で泊まりたい旨を伝えると、多少驚いたくらいでその後は普通に対応してくれました。

 

受付の前で軽く説明を受け、部屋があるという2階へ。

 

するとサプライズ!

 

ソファに顔の濃い外国人がソファに座っていた。

彼はイスラエル人で同じく密入域。

乗り合いバンでやって来た。けど公安はノーチェックだったらしい。

 

彼も僕の登場で驚いていた。笑

 

部屋は至って普通。

だけどチベットあるあるで、お湯が出ないし、水圧が弱すぎる。

シャワーヘッドの無数の穴から出た水は直ぐに一本の線の様にまとまりチョボチョボとでる感じです。笑

 

それでも浴びなければいけないのがチベットなのです。

 

この日は適当な飯屋で食事して、就寝。

 

翌朝、バスに乗ってラルンガルゴンパへ向かいます。

 

バスはある程度の乗車人数を満たさないと出発しないシステムなのか乗り込んでから15分くらい待ちました。

色達の町にはたくさん警察が見回ってるので冷や冷やです。

 

色達からラルンガルゴンパへは30分ほどで着きます。

 

村の入り口周辺にはまたまた公安が見張っています。

まともに通過しようとしたら100%止められるので公衆トイレの横に隙間があったのでそこから入りました。

常に公安の位置を把握していないといけないのは非常にストレスです。

だけど入ってはいけない所に入ってる僕がいけないというのは事実ですが。。。

 

 

少し歩くとそこは僧たちが暮らしている宿坊エリア。

f:id:kensukemurase:20170628122453j:image

チベット色全開です。

f:id:kensukemurase:20170628122535j:image

ここには公安は入ってこないので伸び伸び出来ます。

周りを見渡しながら歩いていると一人のおじさんの僧に声をかけられました。

何度も言いますが、ここではチベット語or中国語です。

JAPANから来ましたってのも伝わりません。Google翻訳を使って伝えたら突然付いて来なさい的なことを言われ、歩くこと10分。

 

嬉しいことに家に招かれました(´∀`)✨

昼食も頂きました。チベット料理です。

f:id:kensukemurase:20170628123312j:image

 

子供が人見知り過ぎて最後まで構ってもらえませんでした。笑

f:id:kensukemurase:20170628123739j:image

 

奥さん、子供、おじいちゃん、おばあちゃんの5人で住んでるんだって。

申し訳ないと思う程のおもてなしを受けました。泊まっていきなとまで言われたのですが、生憎色達で宿を取っていたのでお断りしましたが。。。

もっとディープなところまで体験させてもらいたかったけど残念です。

とても暖かい家族でした。

ありがとうございました😊

 

お別れを告げ、もっともっと奥へ進みます。

ここより先に目を疑うほどの景色が広がっているのです。

 

歩くこと更に15分。

 

 

 

この景色です。

f:id:kensukemurase:20170628124936j:image

f:id:kensukemurase:20170628125054j:image

 

丘の上から撮った写真です。

f:id:kensukemurase:20170628125251j:image

 

聖地と言われるだけあるなと思うくらい圧巻でした。

ただ現在、中国政府による圧力でこれらの宿坊が徐々に壊されており、チベットを愛する僕としては悲しく思います。

 

数年後には景色が変わっているかも。。。

 

中国政府が憎いです。

そんな中でもチベット人たちは日々戦っているのです。

 

陰ながら応援しています!

 

 

バス停に戻り宿へ帰りました。

(写真を沢山撮るのを控えたため載せた写真は少ないですが、4時間くらいウロウロしていました。笑)

 

バスターミナルで翌朝の成都行きのチケットを購入。

本当は甘孜へ戻り、アチェンガルゴンパ(ラルンと同じお坊さんのエリア)へ行く予定でしたが、ここを見たことにより満足感がMAXに達し、成都へ戻ることにしたのです。

ヒッチハイクで再アタック

前日に、朝8時に検問所に来なさいと言われていたので行きました。

甘孜まで送ってくれる約束になっているからです。

 

だけど40分以上待っても昨日の公安のおじさんは来ない。他の人が代わりに送ってくれる気配もない。

何時に来るのか聞いても「あと5分」と答えるが全然来ない。

そのまま1時間以上経過。

f:id:kensukemurase:20170622231748j:image

ついに痺れをきらした僕は、自分でタクシーを探す!と言い放ちその場を立ち去った。

もちろん来た道を戻ります。。。

 

10分位したところで通りかかったタクシーを止めたが、甘孜に行く途中にある町・炉霍(ルーホー)まで行くところだったのでそこまでお願いした。

甘孜は遠いからな〜言われ断られた。

 

同じタクシーに中国人バックパッカーの男の子が乗っていた。

彼は色達観光からの帰り。

彼に公安に追い返された話をしたら、彼が検問所を通った2日前はノーチェックだったと言う。

 

俺はツイてなかったのか。。。

悲しくなった。

 

約2時間後、炉霍へ到着。

彼と一緒に昼飯を食べた。

 

この後、彼はヒッチハイクで甘孜へ向かうと言って、店のおばちゃんに段ボールをもらい「甘孜方面」と書き始めた。

 

それを見てたら良いアイデアを思いついた。

大型トラックの荷台に乗せて貰えば検問突破できる!!何故ならトラックは公安のチェックの対象にならないことは、長時間待たされてる時に観察していて気付いていた。

 

次こそ行ける気がする✊✨

 

僕の分も彼に書いてもらった。

 

お互いに健闘を祈ってお別れ。

f:id:kensukemurase:20170622231706p:image

 

さぁ、出発!!

 

と張り切っていたのも束の間。

大型トラックが全然通らない。笑

 

待てども待てども。

 

雨も降って来て、最終的に車なら何でも良いや状態になり通りがかる車全てにヒッチハイクのサインを送った。

 

30分後、一台の車が停まってくれた。

 

チベット人のお父さん&息子。

 

色達に行きたい旨と、公安に捕まりたくないので検問所の手前で降ろして欲しいと伝えた。

 

何故手前で降りるかというと、

トラック作戦を諦めた今、確実な方法をとるためにも検問所のすぐ裏にある山を自力で登ってバレないように通過しようと思ったからです。

その後はまたヒッチハイクすれば良いやなんて考えました。

 

もうこうなりゃ意地でも入ってやるという強い気持ちなのです。笑

 

すると、彼は大丈夫的なことを言う。

取り敢えず車に乗せてもらった。(英語は話せないので会話の内容は全てイマジネーションです。)

 

でも大丈夫と言われた昨日は大丈夫じゃなかったのは事実。

 

Google翻訳アプリを使ってどう大丈夫かを確認したら、

なんと、

検問所を通らない別のルートで向かうから大丈夫という意味だった。

 

これはスーパーラッキーだった🤞✨

 

息子はジョンというイングリッシュネームを持っており覚えやすい名前だが、お父さんには当然イングリッシュネームなど無く、リアルネームは難しすぎて忘れてしまいました。スミマセン。。。

 

車に乗せてもらうこと2時間。

ジョンを学校の前で降ろして、彼とはお別れ。

その後、すぐ近くにある彼の家にお呼ばれした。2度目のランチ。

f:id:kensukemurase:20170623002223j:image

チベティアンフードを初めて食べた。

f:id:kensukemurase:20170623002207j:image

 

どれも美味しかった( ´_ゝ`)✨

特にヤクのミルクで作ったヨーグルトは少し臭かったけど身体に良いだろうなぁと思ったら全部食べれた。

 

さらに山を越え谷を越えってな感じで3時間ほど進む。

裏道のような所なので車道など当然無く、悪路中の悪路です。

f:id:kensukemurase:20170623003006j:image

でた先は検問所を越えた数キロ先の所。

この瞬間何だか気が楽になった。

f:id:kensukemurase:20170623003045j:image

 

そこからは正規ルート

公安はいくつか見かけたがノーチェック。

 

約1時間後、分かれ道の手前で車は停まった。

 

お父さんは右方面へ進む。

しかし、僕は左方面の色達へ。

 

ここで感謝の気持ちと共に別れた。

本当にありがとうございました😭✨

 

色達までは20km。

またヒッチハイクを開始。

今度は5分で捕まった。また親子。

 

子供が超可愛い。いつの間にか僕の肩を枕にして寝ていた。笑

f:id:kensukemurase:20170623004515j:image

 

そして、

とうとう夢にまでみた色達へ入ることが出来ました✨