back to nature

2017年2月から約2年間で世界一周をします。旅で見たこと感じたことを自由に書いていこうと思います。ほぼ自己満足な記録ではありますが、自身の旅の経験が少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

22時間の列車移動

2つの火山を見にジャワ島の東側に来ているわけですが、それも今朝で達成したのでまた元の方面へ戻ります。

 

次の目的地はバンドゥン。

ただ今いるバニュワンギからは760㎞の距離にあるので1日で行くのはシンドイ。(飛行機は勿体無いので使わず、列車で行きます。)

 

先ずは中間地点であるスラバヤへ向かった。7時間。

 

着いたのは夜の9時過ぎ。

観光などできる時間はなく、寝るのみ。

 

夜飯はコンビニでUFO焼きそばが売っていたので懐かしいなぁと言いながら食べた。

 

宿はとっても綺麗で日本のカプセルホテルを思わせる内装・デザイン。

そんな風に思っていたら、宿のスタッフがここは日本のカプセルホテルを参考にして作ったんですよと僕に言ってきた。

 

超快適でした。

【マイスタジオホテル シティセンター】

 

 

翌朝8時の列車に乗りバンドゥンに向かった。15時間。

 

あれ?全然中間地点じゃない??

この列車が色んな地点を経由した。

直角の椅子に長時間座っているのは腰とお尻がシンドイかったが、向かいの席に座っていたインドネシアの青年バックパッカーと話が盛り上がったので時間はあっという間に感じた。

 

バンドゥンへ着いたのは23時半頃。

アゴダで宿を予約しても良かったがレセプションが終了している可能性がり下手したら宿に入れず代金払い損になるパターンを想像していたので場所のみ確認して直接向かおうと思っていた。

 

バンドゥンが地元であるインドネシアの青年にバイクタクシーがつかまりやすいポイントを聞いたら、「お母さんが駅まで迎えに来てるから宿まで送って行くよ」と言ってくれた。優しい。✨✨

 

2人でお母さんのところへ向かった。

そこにお母さん。

 

と、スクーターが一台。。。

 

 

いや、乗れんやん。笑

 

 

仮に3ケツするつもりだったとしても、青年も俺もバックパック+サブバッグあるし!笑

 

俺はバイクタクシー拾うから大丈夫だよと伝えたら、お母さんが家は近くで歩いて帰れるから乗りなさいと言ってくれた。お礼を言って出発した。

 

15分程で宿へ到着。

今度は青年にお礼を言って別れた。

f:id:kensukemurase:20170807013140j:image

 

深夜0時近くだったにも関わらず宿のオーナーはまだ起きていて、この日は難なくベッドにありつく事が出来た。

 

そしてここもまた日本のカプセルホテルを参考にしたという宿だった。

 

 

これってブームなのかな?笑

広告を非表示にする

イジェン火山🌋

列車でマランからバニュワンギへやって来ました。

 

目的はイジェン火山です。

でも前回のブロモ火山と違ってイジェン火山は不思議な現象が起こることで有名です。

 

それは青い炎【ブルーファイア】が火山口から出ているというもの。深夜の数時間しか見られないということです。

 

宿でスクーターをレンタルして行って参りました。

 

イジェン火山の受付が開くのは1:00amから。

宿からは1時間くらいの距離なのでオープンに合わせて0時に起床。

 

窓の外を見て愕然としました。

 

雨降ってる〜。

 

雨が降っていては当然ブルーファイアは見えません。

宿のオーナーが30分待って止まなかったら行くのはやめなさい。と。

 

30分後。なんと小雨になった✨

 

スクーターに乗って出発。

 

イジェンまでの道はそこそこ舗装してあるので運転は楽です。

ただ街灯は殆ど無いので気を付けて進みます。それに雨で地面が濡れているし、また滑って転倒したら笑えない。笑

 

予定通り1時間くらいで到着しましたが、雨のせいで霧が濃い。

 

ブルーファイア見えないかもと思いながらもここまで来て戻るわけには行かず、入山料100,000ルピア(≒830円)支払いいざトレッキング開始。

f:id:kensukemurase:20170806181335j:image

ライトで照らしても何も見えないので写真はなし。

坂は続きますがそんなにキツくはないです。何故か太った白人が多く、彼らはハァハァ言いながら歩いてました。笑

 

2時間弱で頂上に到着。

そこから今度は下って行き、その先にブルーファイアが見られるポイントがあります。

 

ここからはガスの発生が凄まじいのでガスマスクがないとヤバイのでは、、、。

 

あります。ちゃんとおじさんがガスマスクを貸し出す商売をしています。

25000ルピア(≒210円)

 

マスクを装着して下って行きます。

地面が崩れやすいので気を付けながら下るのですが柵は無いので崩れたら即死間違いなしです。なので慎重に。

 

そして下りきった先は、

 

ブルーファイア!!

f:id:kensukemurase:20170806180911j:image

 

だめだぁ。。。何枚か撮った内のベストがこれ。もうちょっとクリアに映ると思いきや、そうでも無い。

 

間近で見ると結構幻想的なんですけどねぇ。。。(・Д・;)

 

30分程魅入った後はもう一度頂上へ戻ります。

 

折角なのでそこからサンライズを見ようと思ってたら小雨が。

 

早々に諦めて下山しました。

 

案の定、出発地点に着く頃には雨は徐々に強くなり霧も濃く、1メートル先ですら見えない状況。

 

 

なんだか寂しい気分になったので、帰り道はフルフェイスのヘルメットの中で歌を口ずさみながら帰りました。

広告を非表示にする

ブロモ火山🌋

バリで久々のリゾート感に浸り、すっかりバックパッカーらしさを失った僕が次に向かったのはジャワ島・スラカルタという街。飛行機で向かいました。

 f:id:kensukemurase:20170804145708j:image

スラカルタはバティックというインドネシアの伝統的な生地が有名で大きなマーケットがあります。

f:id:kensukemurase:20170804145645j:image

柄シャツが大好きな僕は良いものがあれば買おうと思っていたのですがピンとくるものが無かったので何も買わず。

 

それ以外はというと、

バードマーケットを見に行きました。

f:id:kensukemurase:20170804150151j:image

バード以外にもモンキーやキャットもいます。

f:id:kensukemurase:20170804150227j:image

f:id:kensukemurase:20170804150319j:image

 

 

他の観光スポットとして王宮が2つありますが全く興味が湧かなかったのでスルー。

 

ということで1日のみの滞在。

 

 

翌日スラカルタから列車に乗り東に300㎞離れたマランに向かいました。

そう、僕はバリ島方面にへ戻って行ったのです。笑

 

更にマランの次はジャワ島の最東端・バニュワンギへ向かう予定です。

バリ島まで5㎞もない距離です。

 

完全に時間とお金の無駄遣いです(°_°)

 

スラカルタ行きの航空券を購入した後に素晴らしい景色を逃したことに気づいたのです。というか他の旅人から教えてもらいました。

 

 

マランに来た目的は神が宿ると言われるブロモ火山を拝むため。

 

ここもやっぱりスクーターをレンタルして行って来ました。

片道110㎞程のツーリングです。

 

道中、砂利道でスリップして右腕から出血(-_-;)たまたま近所の人が通りがかりその人が、目の前にあった家の住人に取り合ってくれて、その連携プレーによって手当して頂きました✨

そして昼飯までご馳走して下さったという優しさ😭✨

ブロモ火山まで道が複雑だからと言って途中までスクーターで先導までして下さいました😭

 

負傷しましたが地元の人達との交流が出来て良かったです✨

 f:id:kensukemurase:20170804145859j:image

 

 

マランを出発してから4時間後、ブロモ火山麓にあるチェモロラワンに到着。

 

ブロモ火山が見えます。

f:id:kensukemurase:20170804150544j:image

まだ寝るまでに時間があったので少し下に降りて散歩。

瞬く間に暗くなり何も見えなくなり、頼りはiPhoneのライトのみ。

30分くらい前まで灯りがポツポツあったのに気付けば周りに人の気配なし。

 

結構遠くまで行ってしまっていたのでスーパー心細くしている中、インドネシアの若者達と遭遇。

灯りもなしで各々の青春を語り合っていました。想像ですけど。

 

そしたら彼らが自前のバイクの後ろに僕を乗せ宿まで連れ帰ってくれました。f:id:kensukemurase:20170804150727j:image

本日2回目の親切を受け、僕の中のインドネシア人の大好き度メーターが完全に振り切りました。

 

 

 

御来光を観るために翌日の深夜3時に出発。

 

辺りは真っ暗。何も見えません。

持参したライトの光を頼りに山頂を目指します。

 

 

そして出発してから2時間後、

御来光。

iPhoneではあんまり綺麗に撮れない(-_-;)

f:id:kensukemurase:20170804150841j:image

f:id:kensukemurase:20170804151531j:image 

辺りが明るくなるにつれて火山口も見ることができます。

f:id:kensukemurase:20170804151052j:image

火山口の周りはこんな感じです。

f:id:kensukemurase:20170804151140j:image

 

壮大な景色に心が洗われました✨

 

 

因みにブロモ火山はツアーが一般的ですが、

個人で行けば格段に金額が抑えられます。

入山料320,000ルピア(≒2700円)も払わずに入れました。※土日料金

ツアーの車やチャーターした車で通ると請求されるのに、歩いて通過すると引き止められるどころか見向きもされません。何故でしょう。笑   

 

一泊分ホテル+スクーター(ガス込み)で

計1800円程。

平日ならホテル代はもっと安いと思うので、ブロモ火山観光を考えてる方は是非お試しあれ。

 

因みにマランからのルールはこんな感じ。

f:id:kensukemurase:20170804151233p:image

Tumpangを経由する道もあるそうですが、道がデコボコらしくてスクーターだと厳しいらしいです。🛵❌

 

 

広告を非表示にする

10ヶ国目、インドネシア🇮🇩バリ島。

再出発の最初はインドネシアのバリ島。

いきなりリゾート地です🌴☀️f:id:kensukemurase:20170804145152j:image

実はここバリ島はちょうど10年前に大学の卒業旅行で来たことがあるので今回は2回目。

 

バックパッカーには到底相応しくない地だと思いきや、そんなことはなかった。

 

リゾート地でも物価は安く、観光のポイントも意外と多い。

 

そして、何と言ってもバリ島と言えばビーチだと思う。

滞在中の半分くらいはビーチにいた。

 

ビーチで一人何をやっていたかというと、

海には入らず、寝ていたか本を読んでいました。笑

10年前の僕なら海=泳ぐイメージだったが、三十路を過ぎてこういう過ごし方の良さが分かるようになった気がする。

時間の概念を持たない今の僕はある意味では一番リゾートに合っているのではないだろうか。

 (今気付いたけど、ビーチの写真が一枚もない!笑)

 

 

ビーチで寝転がっていただけでなくちゃんと観光もしてきました。

バリは鉄道は走っておらず、バスやタクシー、バイタクのみ。

でも泊まった宿でのサービスでレンタルバイクがあったのであちこち自由に走り回った。

連日大渋滞を起こしているバリ島では横をするりと抜けられるのでとても便利だった。

 

まず最初に訪れたのは、

【ウルワツ寺院】

ここにはバリの伝統的なケチャックダンスを観にきました。

f:id:kensukemurase:20170801131515j:image

音響などは一切使わず、声のみでリズムを刻む。チャッ、チャッ、チャッ・・・

この寺院は崖の上にあり雄大な海の景色に囲まれたロケーションの中で行われます。

この非日常的な瞬間は自分はバリ島にいるんだと身体の底から感じられる。

f:id:kensukemurase:20170801133336j:image

ただ周りは僕も含め、おびただしい数の韓国客が演者らを360度囲んでいる。

f:id:kensukemurase:20170801131625j:image

伝統あるダンスだとしてもやはり観光化してしまう事で「SHOW」化してしまうのが現実。

結局は僕が抱いた幻想は演出によって人為的に作られたものだと知り、ガッカリしてしまった。

10年前はもうすこし素朴だったような記憶が残っているが時代とともに変化していくのは当然の事なのだろう。

 

 

キンタマーニ高原】

ここへは片道60キロ弱ある道を3時間半かけて向かった。

そこにあるバリのヒンドゥー教総本山であるブサキ寺院を訪れた。

チケットの値段は忘れたけれど確か300円くらい。

寺院ではサロンを巻くのが絶対で多くの場所で無料貸し出しをしているので手ぶらできたらまさかの貸し出しサービスは無し。

なにぃ。。。と思ってた矢先におばさんが待ってましたと言わんばかりに寄ってきた。

サロン買え攻撃です。

1700円くらい。いや、高いよ。。。

 

他で安いの探すから要らないと突き放すとレンタルで900円くらいと提案してきた。

それでも高いと思って先に進もうとするとその半額を提示してきました。

 

そのおばさんの必死さに根負けしたのと、その日の気分的にこれ以上価格交渉をするのも面倒になってしまったのでその金額で手を打ちました。

 

中に入るとまさかの観光客ゼロ。

f:id:kensukemurase:20170801135614j:image

総本山なのに。

f:id:kensukemurase:20170801135701j:image

正直感じるものは何もなかった。

 

10分もしないうちに寺院を出たところでさっきのおばさんが待ち構えていて、無言で僕の巻いているサロンを奪い取るかのように解き、去って行った。

 

寺院からそのまま東に進んだところにキンタマーニ高原の絶景が見えるスポットがあった。

結局は僕が一番心を惹きつけられるものはこういう自然体の風景だと改めて思った。

f:id:kensukemurase:20170801140102j:image

 

 

 

キンタマーニ高原から南下したところにあるコーヒー農園を訪ねた。

【BAS agrotourlism】

f:id:kensukemurase:20170804145242j:image

ここでは最高級とも言われるルアックコーヒーを頂いた。

日本で飲んだことは一度もないが、1杯2000円程という情報をネットで見た。

ここでは60,000ルピア(≒500円)。

150円以下で一食食べれるバリの物価からしたらココでも高級品です。

※勿論大衆食堂での価格の相場です。

 

コクがあり嫌な苦味が全くなく非常に美味しいコーヒーでした。

f:id:kensukemurase:20170801141314j:image

そして無料でその他のコーヒー&紅茶が試飲できます。全14種類。

f:id:kensukemurase:20170801141436j:image

このコーヒーが出来るまでの過程が面白いので紹介します。

ここではジャコウ猫を飼育しており、彼らは良質なコーヒー豆を自ら選別して食べます。しかし食べたコーヒー豆は消化されずそのまま糞として排泄されます。

 

その消化されずに出てきたコーヒー豆はジャコウ猫の腸内で酵素の働きや消化作用による発酵によって、独特の香りが加わるそうです。

f:id:kensukemurase:20170801142236p:image

他にも色々な種類の豆を栽培しています。

f:id:kensukemurase:20170801142452j:image

本当は土産用のルアックコーヒー豆(とは言っても自分で飲むわけですが。)が欲しかったが貧乏な旅人には手が出せないだろうと思い、価格を見ることなく店を後にした。

 

 

 

お次は【タナロット寺院】

 海の上に浮かんでいるように見えるタナロット寺院です。実際は大きな岩の上に建てられており、干潮時には寺院の建つ岩場のすぐ側まで行けます。

僕が行ったときは干潮時でした。

f:id:kensukemurase:20170804145346j:image

そしてここはウルワツ寺院と同様、夕焼けが綺麗なスポットとしても人気があります。

f:id:kensukemurase:20170804145416j:image

ここも中々見応えありです( ͡° ͜ʖ ͡°)✨

 

 

後は土産物屋さんをぶらぶらしましたが欲しいものは特に無く、雰囲気を楽しんだだけでした。

 

 

振り返れば5日間も居ました。

 

また来たい、いや、住みたい場所だなぁ。

一時帰国🇯🇵

彼女と一緒に日本へ帰国しました。

 f:id:kensukemurase:20170729011750j:image

理由は、クレジットカードのトラブル(おそらく磁気不良)によってATMが読み込んでくれないので、新しいカードと交換する為です💳✨

 

クレジットカードは海外へ送付も可能ですが、作った時点での住所にしか送れないので結局殆どの人が日本でしか受け取れないかと思います。

 

新しいカードは予めカード会社へ連絡しておいたので既に自宅に届いており、交換だけして2、3日後にまた直ぐ海外へ出発という流れでした。

 

しかし、直ぐ出発出来ず!

 

僕の愛車は現在弟が乗っています。

だけど最近エンジンのかかりが悪いらしく、一時帰国中に知り合いの自動車屋で修理してもらうことになり、修理完了まで待っていたら最終なんだかんだで20日までいました(^^;)

 

その間は彼女や友達、家族との時間を過ごしました。

やっぱりホームタウンは良い(´Д` )✨

そして日本の快適さも他の国と比べると群を抜いています🇯🇵✨

 

つぎに行くのはインドネシア🇮🇩

バリ島から再スタートです。

広告を非表示にする

再会 in ソウル😋

大邱を出発してソウルへ来ました。

f:id:kensukemurase:20170727212013j:image

ソウルでの滞在期間は8日間。

 

何故そんなに長いのか!

 

それは、日本から彼女がやって来て約4ヶ月ぶりに再会するからです😄✨✨

 

それと、

大邱で地方の宿は高いというのを学習したので、他の場所を飛ばして最終目的地のソウルへやって来ちゃったので滞在期間が長くなりました( ´_ゝ`)

 

彼女が来るのは7/30〜8/3。

韓国に飽きてしまった僕は来るまでの数日間何をしようという感じです。

 

歴史関係の博物館や王宮などへ行ったりしましたが反日精神全開な内容過ぎて居心地が悪かったです。

 f:id:kensukemurase:20170727212113j:image

 f:id:kensukemurase:20170727212155j:image

その後、宿に篭って日韓問題について色々調べました。(時間は有り余っている。笑)

 

が、韓国内で発表されている内容はやっぱりおかしい。

歴史的事実として認める部分は勿論ありますが全てを悪く言われてる感じが納得いきません。あの時代はお互い様な部分もあるのに。

 

とは言え、ここには友達もいるし道を尋ねた人が親切な場合だってあったので全部が嫌いなわけじゃないですが(^^;)

 

ということでそれ以外はほぼ何もしてないです。笑

 

 

 

彼女と過ごした4日間の事を書きます。

 

 

待ち合わせはネットで予め予約していたホテルです。

僕の方が先に着いたので部屋で待つことに。

 

LINEでテレビ電話やメッセージのやりとりはマメにしているので懐かしく思うような感じはありませんでしたが、いざ4ヶ月ぶりに本人を目の前にすると思うと結構ドキドキするものです(^^;)

テレビはあったけど韓国語が分からないのでつまらなくて、観たところで落ち着かない。笑

 

僕が着いてから30分位して、部屋のドアが開きました。

 

彼女が立っています😊✨✨

 

久々の再会を喜び、離れてからの出来事をお互いに話しました(^^)

 

彼女と過ごした4日間は、

朝鮮戦争記念館(韓国に来る前からの僕のリクエスト)やノンバーバル演劇NANTA、その他買い物したり食べ歩きをしたりと普通のデートを楽しみました。

 

 

遠距離カップルはたくさんいるだろうけど、僕らのようなカップルはそうはいないだろうなぁ。

 

今回はソウルで会ったけど、この先僕はアジアを離れて西の方へ進んで行くので彼女の仕事の休みの都合や航空券代を考えると現実難しい。

旅は最長で2年間なので、残りは1年8ヶ月くらい。

 

なので一般的な普通のデートだけど僕らにとっては限られた時間の特別なデートです。僕が旅に出ていることで余計相手にもそう感じさせてしまっているのにも関わらず、彼女は出発前から旅を楽しんできてと背中を押してくれています。

 

そんな彼女が側にいてくれていることに感謝の気持ちで一杯です。

感謝するだけでなくこの旅を必ず有意義なものにして価値ある何かを持って帰らなければと背筋が伸びます。

 

帰ったら彼女孝行を精一杯します!!!!

 

あっという間の4日間でした。

そして初めての海外デート👫💨

 f:id:kensukemurase:20170727225319j:image

 

 

もう彼女とお別れになると思いきや、

 

実は一旦日本に帰国します🇯🇵笑

広告を非表示にする

大邱(テグ)

釜山を出発して韓国の第三の都市・大邱へ来ました。

バスで2時間くらいです。

 

先ずは宿へ向かいます。釜山と違い大邱の宿は全て高く、宿の予約サイトAgodaの最安(でも街の中心部)を予約しましたがそれでも一泊1800円くらいします(°_°)no〜

 

でも良い感じの洒落たホテルぅ〜✨

*プールの写真は夜撮りました。

f:id:kensukemurase:20170719185706j:image

f:id:kensukemurase:20170719185729j:image

宿に着いて少しゆっくりしたいところですが無駄に連泊するわけにはいかないので直ぐに出掛けました。

 

やって来たのは薬令市場博物館。

f:id:kensukemurase:20170719190656j:image

大邱は昔から韓方の地として知られています。

韓方とは、
僕らが一般的に聞く中国の漢方を韓国独自の医学で発展させたものだそうです。高麗人参やトラジなどを使うらしい。

 

この博物館では韓医学韓方の歴史についての資料や展示があります。

f:id:kensukemurase:20170719192908j:image

f:id:kensukemurase:20170719192932j:image

f:id:kensukemurase:20170719192957j:image

 

エリア日本語での説明もあるので内容はよく分かりますがあんまり楽しくなかったです。

僕が見かけたお客さんは館内にたった3組。。。

 

何故ここに来たかと言うと大邱は何もする事が無いのです。。。

(後にソウルへ行った際に、宿のオーナーに大邱へ行ったことを話すと何も無いのに何しに行ったの?と笑われるくらいです。)

 

昔はこんな感じの街並みだったのが、

f:id:kensukemurase:20170719193723j:image

今はこれ。

f:id:kensukemurase:20170719193751j:image

唯一残ってるのは門。

f:id:kensukemurase:20170719193946j:image

これ以外、韓方の町感はないです(°_°)

 

ただここの路地裏フードはまぁまぁ美味しかった。揚げ餃子みたいな感じ。

f:id:kensukemurase:20170719194300j:image

f:id:kensukemurase:20170719194322j:image 

 

その後は周辺をブラブラしていると慰安婦像が。ここにもあったんだ。。。

ってことで調べてみたら現在国内に60体あるみたいです。。。

f:id:kensukemurase:20170719194727j:image

 

後はショッピングメインのところばかりだったので興味なし!

 

こんな感じで大邱観光はやんわり終わりました。

 

ちゃんちゃんっ( ´_ゝ`)

広告を非表示にする