読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

back to nature

2017年2月から約2年間で世界一周をします。旅で見たこと感じたことを自由に書いていこうと思います。ほぼ自己満足な記録ではありますが、自身の旅の経験が少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

4カ国目、タイ陸路入国🇹🇭

早朝6:30にホテルの前に岡田さんと合流。

写真はブレてますがホテルの立派さはわかりますよね?笑

f:id:kensukemurase:20170404144835j:image

 

素晴らしいエントランスを通ってレストランへ向かいます。

僕はTシャツに短パンとマウンテンシューズ。そして長髪。

 

か、確実に浮いてるぞ、、、!!

ここに泊まってません感が丸出し。 f:id:kensukemurase:20170404151105j:image

岡田さんが、もしかしたらその格好だとホテル側に嫌がられるかもしれないということで自前の長袖のチェックのシャツを貸してくれました。笑

 f:id:kensukemurase:20170404160928j:image

レストランはビュッフェ式です。

f:id:kensukemurase:20170404150149j:image

サラダやカレーや野菜の炒め物やフルーツや、この世の全ての食べ物が集約された(と言っても過言ではないくらいの)究極のビュッフェです。

f:id:kensukemurase:20170404151025j:image

美味しかった。特にその場で焼いてくれるナンがとても美味しかった( ˊ̱˂˃ˋ̱ )✨

3日分くらいの栄養を蓄えました。

 

ホテルを出る前にご厚意でフェリー乗り場までのタクシー代まで頂きました(;´Д`A

昨日会ったばかりの僕に、何から何まで良くしてくれます。有難うございます✨✨

岡田さん、またいつかお返しさせてください!!

 

ホテルを後にした僕は、フェリーでバターワースまで渡った。(20分くらい)

f:id:kensukemurase:20170404152253j:image

 

バターワースから陸路でマレーシア・タイの国境を超えるため、バスターミナルへ。

 

タイミングが悪く、3時間イスに座って待ちました。

日本で3時間もぼーっと座っているのは辛いですが、海外にいると不思議とあっという間に感じてしまうんですねぇ。笑

 

そしていよいよ出発。

f:id:kensukemurase:20170404153057j:image

またしてもリクライニングバスで嬉しいです✨

 

 

揺られること3時間。

 

 

ついにマレーシア側のイミグレ(出国)!

一旦バスを降ります。

f:id:kensukemurase:20170404153256j:image

電車の改札みたいです。

結構適当な対応でした。

 

またバスに乗り込んで更に5分程走り、今度はタイ側のイミグレ(入国)!

f:id:kensukemurase:20170404153716j:image

 

この直後、撮るなと注意を受けたので写真はこれ以上ないですが、

陸路で通過したことで国の違いを肌で感じた。

 

分かりやすいのは建物の雰囲気。

簡単に言えばマレーシアの方がしっかりとした作りで綺麗に建てられていて真面目さを感じられる。

 

タイはゴチャゴチャしており、多くの日本人が想像しているであろう東南アジアの建物のイメージ。ローカル感があって味があります。

 

島国出身の日本人にとっては貴重な体験ですが、大陸出身の人にとっては当然珍しくありません。

 

このように車で来て、窓からパスポートを渡して、スタンプを押してもらって通過しています。

まるでマクドナルドのドライブスルー。。。

f:id:kensukemurase:20170404154820j:image

 

一緒のバスに乗り合わせ、仲良くなったマレーシア人のマーとイージェンも2ヶ月に1度くらいは遊びに来てるらしい。

 

とまぁそれはさて置き、無事国境通過できました!!

 

その後、またしばらく走り、バスターミナルに到着。

 

ここはタイ南部に位置するハジャイ。

 

バスを降りてすぐ近くの店で、マーとイージェンと一緒に飯を食べました。

f:id:kensukemurase:20170404155448j:image

 

その後も、宿探しや携帯のキャリア探しを手伝ってくれました。とても良い奴らだ✨✨

結局彼らとは一日中一緒に過ごし、またマレーシアで会おうとお互いに声をかけ合い、お別れ。

f:id:kensukemurase:20170404160815j:image

 

そして、宿に帰りすぐに眠りについたのでした🛌💤