back to nature

2017年2月から約2年間で世界一周をします。旅で見たこと感じたことを自由に書いていこうと思います。ほぼ自己満足な記録ではありますが、自身の旅の経験が少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

12カ国目、バングラデシュ🇧🇩ダッカ

本日はバングラデシュへ移動。 ミャンマーの隣国であるバングラデシュですが、移動手段は飛行機のみです。 ミャンマーとバングラデシュによるロヒンギャ問題がその理由です。宗教による紛争です。 なので国境は閉じられているらしい。稀に開いているという情…

再びヤンゴン。

次の目的地であるバングラデシュ行きのチケットを既に購入しており、後はその日を待つのみ。 (ミャンマー入国時に出国チケットの提示を求められ、慌てて購入したので日付は適当に選んだのです) パゴダを見学+日用品の購入をしたぐらいです。 スーレーパゴダ…

三大仏教遺跡群バガン

マンダレーからは乗り合いバンで移動。 今日は雨。 道中、メインの道が浸水被害にあっていて30分程立ち往生した。 立ち往生した割には特に解決策はなく、エンジンに水が入らないようもうスピードで駆け抜けるだけである。 約10時間してようやくバガンに到着…

急がば回れよマンダレー

瞑想修行を終え、 久々に日常生活に戻ったわけですが、 ヤンゴンの街は騒音や人ごみで溢れかえっていて、静かな修行施設にいた僕は今まで以上にストレスを感じた。 翌日にはヤンゴンの街を出てマンダレーという街へバス移動した。 ここは第二の都市と言われ…

ヴィパッサナー瞑想修行

2週間のヴィパッサナー修行体験をさせて頂きました。 ここでは、心と身体は無常・苦・無我だということを学びます。 睡眠以外は全て瞑想修行です。 修行中は敷地から出ること、修行者同士で会話をすることは禁止されています。 瞑想は、 歩行瞑想・座る瞑想…

11カ国目、ミャンマー🇲🇲ヤンゴン

飛行機でジャカルタからシンガポールでトランジット、そこからミャンマーのヤンゴンへ飛びました。 ミャンマーへ下りたってまず困ったのは市内への移動手段。 空港のタクシーは当然見かけるけど絶対高いからそれ以外の方法で市内へ行きたかったのです。 空港…

ジャカルタ

バンドゥンからジャカルタへ列車でやって来ました。移動時間は約3時間。 流石首都ジャカルタ。 人!人!人! 車!車!車! って感じです。 先ずは安宿探しです。 ジャカルタは宿代が少し高いので辛い。 ジャカルタの安宿エリアといえば、 ジャラン・ジャクサ…

活気溢れる街バンドゥン

バンドゥンはなんだか活気のある街の印象を受けた。 バンドゥンの中心街に有名大学が集まっているらしく若者が溢れ、他の地域にはあまりないお洒落なカフェやバー、モールも充実していた。 僕が滞在したのが夏休み期間中というのもあってかより一層イケてる…

22時間の列車移動

2つの火山を見にジャワ島の東側に来ているわけですが、それも今朝で達成したのでまた元の方面へ戻ります。 次の目的地はバンドゥン。 ただ今いるバニュワンギからは760㎞の距離にあるので1日で行くのはシンドイ。(飛行機は勿体無いので使わず、列車で行きま…

イジェン火山🌋

列車でマランからバニュワンギへやって来ました。 目的はイジェン火山です。 でも前回のブロモ火山と違ってイジェン火山は不思議な現象が起こることで有名です。 それは青い炎【ブルーファイア】が火山口から出ているというもの。深夜の数時間しか見られない…

ブロモ火山🌋

バリで久々のリゾート感に浸り、すっかりバックパッカーらしさを失った僕が次に向かったのはジャワ島・スラカルタという街。飛行機で向かいました。 スラカルタはバティックというインドネシアの伝統的な生地が有名で大きなマーケットがあります。 柄シャツ…

10ヶ国目、インドネシア🇮🇩バリ島。

再出発の最初はインドネシアのバリ島。 いきなりリゾート地です☀️ 実はここバリ島はちょうど10年前に大学の卒業旅行で来たことがあるので今回は2回目。 バックパッカーには到底相応しくない地だと思いきや、そんなことはなかった。 リゾート地でも物価は安く…

一時帰国🇯🇵

彼女と一緒に日本へ帰国しました。 理由は、クレジットカードのトラブル(おそらく磁気不良)によってATMが読み込んでくれないので、新しいカードと交換する為です✨ クレジットカードは海外へ送付も可能ですが、作った時点での住所にしか送れないので結局殆ど…

再会 in ソウル😋

大邱を出発してソウルへ来ました。 ソウルでの滞在期間は8日間。 何故そんなに長いのか! それは、日本から彼女がやって来て約4ヶ月ぶりに再会するからです✨✨ それと、 大邱で地方の宿は高いというのを学習したので、他の場所を飛ばして最終目的地のソウルへ…

韓方の街・大邱(テグ)

釜山を出発して韓国の第三の都市・大邱へ来ました。 バスで2時間くらいです。 先ずは宿へ向かいます。釜山と違い大邱の宿は全て高く、宿の予約サイトAgodaの最安(でも街の中心部)を予約しましたがそれでも一泊1800円くらいします(°_°)no〜 でも良い感じの洒…

9カ国目、韓国🇰🇷釜山で5年ぶりの再会。

夕方の便で韓国・釜山へやって来ました。 約150人程乗れる飛行機に乗客が15人程しかいなくてびっくりでした。笑 本当は北京のあとは上海へ行きたいところでしたがビザの残存日数が3日しか無く、中国を離れることに決めたのです。 韓国に到着して先ず感じたこ…

北京着。万里の長城。

西安での滞在は2日間。 兵馬俑見に行ったこと以外に何をしたかというと、同じ部屋に泊まってた中国人の男の子と自転車で西安の中心部を周ったくらい。 特に面白いことはなかったです。笑 次に移動しよう!ってことで 北京です。 列車に乗る予定でしたがプラ…

世界遺産の兵馬俑

西安といえば、兵馬俑!! 学校の教科書にも登場しますね。 正直僕は覚えてません。 世界遺産ということで行って来ました。 中心街から結構離れた場所にあるんですけど、専用のバスが出てるので楽に行けます。 兵馬俑とは、 亡くなった始皇帝のお墓を守るた…

パンダ基地&チベット食事会

12時間程かけて成都へ戻りました。 途中の休憩所で買ったチェリーが予想以上に美味しかったです( ͡° ͜ʖ ͡°)✨ 成都に帰ってからは特にやることがなく、何となくパンダの研究をしているパンダ基地へ行ってみることにした。 愛くるしい。。。 パンダが好きにな…

聖地・色達&ラルンガルゴンパ

到着しました色達!! 僧!僧!僧! 見渡す限り僧でいっぱいです。 今までの町とは僧の割合が全然違います。 ここにいるのは僧と一般のチベット人と中国人だけ。外国人は立ち入り禁止なので当然見ません。 先ずは宿探し。 ただでさえ見た目が違うし(ロングヘ…

ヒッチハイクで再アタック

前日に、朝8時に検問所に来なさいと言われていたので行きました。 甘孜まで送ってくれる約束になっているからです。 だけど40分以上待っても昨日の公安のおじさんは来ない。他の人が代わりに送ってくれる気配もない。 何時に来るのか聞いても「あと5分」と答…

公安に捕まりました。

鳥葬の見学を終え宿に戻り、宿をチェックアウト。 乗合タクシーで甘孜(ガンゼ)へ向かいます。 甘孜までの道中には公安による検問が2回あった。 1ヶ所目は外から車を目視してパス。 2ヶ所目は車から降りてIDカード(身分証)を事務所まで持って行き何か書き込む…

再び理塘。【鳥葬】

稲城に着いたのは17時前。 予定ではここで一泊する予定だったけど運良く理塘行きの乗合タクシーがあったので乗り込んだ。 再び理塘に行くのは、数日前に訪れた時に高山病で体調が悪くて見れなかったチベット式葬儀【鳥葬】を見る為。 鳥葬とは、 ご遺体を鷲…

香格里拉(シャングリラ)

亜丁から戻った僕は昨日のうちに香格里拉行きのバスチケットを宿のスタッフに手配してもらっていた。 シンシン達とは昨日の夜にお別れを告げた。 香格里拉という名前はイギリスの小説家が書いた「失われた地平線」という物語に登場する理想郷シャングリラの…

亜丁(ヤーディン)

朝7:30に宿のスタッフが亜丁行きの乗り合いタクシーを宿前まで呼んでくれたので乗り込んだ。60元(≒973円) 確か3時間くらい。。。 着いた先は亜丁自然保護区の入り口。 ここで入場料150元とバス代120元を払います。(計≒4,380円) 亜丁村までは絶対歩けない距離…

稲城(ダオチェン)

朝起きたら頭痛が治っていた。 昨日飲んだ高山紅景天の成分は高山植物らしい。人もそうだけど、厳しい環境で生きる植物もたくましいなぁ。 自分ももっと強くならなくては。 自然界の持つパワーに感謝します。 調子が良くなったので次の町、稲城に移動します…

理塘(リタン)

バスに乗ること約7時間。 理塘到着です。 ここは康定とは違いチベタンばっかり。 ここからが本当のチベット旅って感じでワクワクします。 チベタン男性は浅黒い肌をしていて体が大きく、ツバが広めのテンガロンハットを被っています。 その見た目が超カッコ…

東チベット。康定(カンディン)

新南門バスターミナルから出発。 135元(≒2200円)。 みるみる内に風景が変わっていきます。 残念なことに内側の席だったため写真は撮っていません 1回休憩をはさみ、10時間で康定に到着! あれ?チベットって感じがあんまりしない。 それもそのはず。この町で…

錦里古街散歩

と、いうタイトルではありますが、最近移動移動ばかりだったのでゆっくりしようと錦里古街を散歩しただけです。笑 名前の通り古き町並みを歩くことができるんですが、土産物屋さんで溢れています。スタバも古き町並みに紛れてありました。笑 成都は三国志の…

成都再び、次のプランを考える。

昼過ぎにバスで蛾眉山から再び成都へ戻った。 僕は基本旅のプランを考えていません。 プランを練ったとしても5日先の事くらいしか考えないです。 しかし、今回は明日の予定すら決めていない。笑 チェックインしたホステルにある地図を眺めていても決まらない…