back to nature

2017年2月から約2年間で世界一周をします。旅で見たこと感じたことを自由に書いていこうと思います。ほぼ自己満足な記録ではありますが、自身の旅の経験が少しでも誰かの役に立てれば幸いです。

マヨン火山(2463M)登頂

今日はマヨン火山のハイキングツアーに参加します。

f:id:kensukemurase:20170310045715j:image 

 

朝食は日本から持ってきた(頂いた)レトルト五目ご飯と、ナメコの味噌汁でパワーを補充。

 

4:30amにスクーターに乗ったツアー会社の男性がホテルまで迎えにきました。

 

まだ暗い夜道をバイクの2人乗りで15分程走り、ガイドとポーターが待つ小屋へ。

 

小屋にいたのは32歳のサム(ガイド)と15歳のジェリー(ポーター)です。

 3人で頂上を目指します。

 

15歳は驚きですが、もう2年目です。 

彼らは毎日もしくは二日に一回のペースで山頂までの道のり9kmを歩いているのです。 しかも、短パン&サンダルで。笑

 

ちなみに僕は登山に興味はありますが経験ゼロ。

これが記念すべき初登山です。

 

マヨン火山は2013年の噴火の影響で頂上部分残り200mぐらいは立ち入りが禁止されていまので、OKなところまで目指します。

5:00amスタート。まだ暗いです。

f:id:kensukemurase:20170310050045j:image

木々の向こう側で朝日が昇るのを感じます。

f:id:kensukemurase:20170310045900j:image

始めは砂利道で始まり、

f:id:kensukemurase:20170310050318j:image

 

溶岩

f:id:kensukemurase:20170310050334j:image

辺り一面が溶岩です。

f:id:kensukemurase:20170310050919j:image

 

そしてえ草原。

何かの動物がいます。

f:id:kensukemurase:20170310051201j:image

 

通り道の小屋で10分休憩。

コーヒーとバナナを食べます。

f:id:kensukemurase:20170310051402j:image

後ろを振り返ると、この時点でナイスビューです。

f:id:kensukemurase:20170310051644j:image

 

休憩を終え、

再び歩き始めると遠くから一匹の犬が走ってきて、仲間に加わります。

f:id:kensukemurase:20170310055728j:image

f:id:kensukemurase:20170310051708j:image

追記

彼はペットではないけどマヨン火山で放し飼いの野生の犬です。愛称はブラウニー。

*彼は合流してからスタート地点のガイドやポーターが待機する小屋に戻るまでずっと付いてきました。笑

可愛い過ぎる。。。 

 

 

ちょっと近づいて来ました。

f:id:kensukemurase:20170310055533j:image

f:id:kensukemurase:20170310052756j:image

徐々に登って来ている実感があります。

f:id:kensukemurase:20170310053102j:image

 

 

ここからは基本、草木を掻き分けながら進むのですが2人ともペースが早く、付いて行くのに必死です。

f:id:kensukemurase:20170310053159j:image

f:id:kensukemurase:20170310055518j:image

 

 

そして2度目の休憩ポイント。

10分休んでまた歩き出します。

f:id:kensukemurase:20170310053654j:image

ここから、山頂までずっと急斜面です。

f:id:kensukemurase:20170310054008j:image

 

草木は生い茂り、枝などが刺さります。

頭はかがんでいないと木にぶつかるので注意しながら進みます。

f:id:kensukemurase:20170310054403j:image

f:id:kensukemurase:20170310055159j:image

 

第3休憩ポイントでランチ。

ここが頂上までの最後の休憩ポイントです。

f:id:kensukemurase:20170310054943j:image

ポークと何かの野菜とゴハン。

f:id:kensukemurase:20170310055317j:image

f:id:kensukemurase:20170310054816j:image

f:id:kensukemurase:20170310054322j:image 

 

そしてまた同じような道を登って行き、

 

 

10:30am遂にゴール。

出発から5.5時間でした。

f:id:kensukemurase:20170310060910j:image

(ほぼ)山頂からの眺めは最高です。

f:id:kensukemurase:20170310061048j:image 

サム、ジェリーありがとう。

f:id:kensukemurase:20170310061902j:image

 

その後、下山に4時間かかりました。

途中でココナッツジュース。

f:id:kensukemurase:20170310062428j:image

可愛い動物たちが僕たちの帰りを待ってくれていました。

f:id:kensukemurase:20170310061809j:image

f:id:kensukemurase:20170310062244p:image

f:id:kensukemurase:20170310063252j:image

 

宿に帰り、近くのピザ屋でLサイズピザを1枚丸々&コーラを食し、就寝。

 

明日はルソン島最南端のマトノグに行き、フェリーでサマール島に移動します。

レガスピ到着

あの忌まわしい部屋とはオサラバして、11時前にナガのバスターミナルに着きます。

そこでレガスピ行きとプレートに書いたバスに乗り込みます。大きいバックパックもあるので、一番奥の長いシートのふち側。

バスは結構古めで、エアコンは無しで窓全開です。

f:id:kensukemurase:20170309200535j:image

ちなみに走行中も前と後ろの出入り口のドア全開です。

当然ですがバスの停留所はありますが、その辺の道でも関係なく乗り込んできます。(ドア全開だからね!)

 

レガスピ迄は2時間半程と聞いてたので大きいバックパックは手すりに括り付けて、サブバッグは抱えて寝てました。

 

1時間程したところで、運転手が大きな声でジャパニーズと呼ぶので何?と聞き返したら後ろを指差し、すぐ後ろを走っているバスに乗れと言い、謎の乗り換えをしました。

プレートにレガスピって書いてあるのに?と強く思いましたが、大人しく移動します。

 

乗り換えたバスはほぼ満席でぱっと見、座るとこないじゃんとなりました。

そしたら一番後ろの席に座ってたおじさんが詰めてくれて、さっきと同じポジションの席を空けてくれました。

 

通路を通るとき、超見られます。

 

田舎で僕みたいな大きな荷物を背負った外国人バックパッカーを見るのは珍しいんでしょう。

 

それに加え、フィリピンはバックパッカーのルートから外されることが他国に比べ多いです。

治安が悪いと言われるのが第一で、後は交通の便が非常に悪い(ジプニーなんて外国人からしたら行き先が超分かりづらい)。それにマニラの人々はすぐ騙すし。笑

 

乗り込んだバスは日本仕様。

フィリピンでは日本からの中古バスをよく見かけます。日本語のピンポンが残っています。ここではピンポンは使っていませんが。(ゴンゴンって天井を叩くか、大きな声で降りますって言うかです。)

f:id:kensukemurase:20170309204037j:image

 

乗り換えて、約1時間半でレガスピに到着。

 

バスターミナルから5㎞以上離れた予約しておいた宿まで歩くのはシンドイ。

トライシクルのおじさんに声をかけて、約10分で到着。

 

ナガのホテルのレベルは下の下、このホテルは中の上って感じでとても良く感じます。

部屋はこんな感じです。

f:id:kensukemurase:20170309205031j:image

 

荷物を置いて、10分。急いで外に出ます。

レガスピでやりたい事【マヨン火山のハイキング】の翌日のツアー予約申込の為、カグサワルインズ公園内にあるツアー会社へ向かいます。

営業終了の18時まで、残り1時間。

 

ジプニーで行こうと思いながらもどれか分からず迷いながら人に聞きながらで何とか10分前に到着し、予約が完了しました。

 

公園といっても思い描いてた公園ではありませんでした。他にもあったのかな?

f:id:kensukemurase:20170309211301j:image

 

とりあえず、今日の目的を終えたので、宿に戻り、カップラーメンを食べ、いつもより早めに寝ます。

 

何故なら4:30amにツアーの人が迎えに来るから〜。早い!

広告を非表示にする

マラブサイの滝

マラブサイの滝はナガの中心地より約20km離れたイサログ山のふもとにあります。

 

僕のいるナガの中心街から15分程トライシクルでPanicuason Terminalへ行き、ジープニーでイサログ山の近くまで行きます。

その後はバイクの2人乗りで目的地の滝

まで。

 

ちなみにジープニーとはジープを改造した大衆の乗り物です。

f:id:kensukemurase:20170307164314j:image

※写真はマニラ滞在中のものです。

 

中はこんな感じです。

f:id:kensukemurase:20170307164459j:image

ジープニーはそれぞれペイントに違いがあり、見ていて楽しいです。

 

 

今日でフィリピンの3大大衆車は全て乗ったことになります。

・バス

・トライシクル

・ジープニー

 

トータルの乗車時間は1時間半程だと思います。

トライシクルが片道8ペソ≒18円

ジープニーが片道20ペソ≒45円

バイクが片道75ペソ≒170円

 

日本円で換算したら230円くらいで行けるんです。

 

後ろに見えるのが標高2000メートル級のイサログ山です。

f:id:kensukemurase:20170307165600j:image

f:id:kensukemurase:20170307171320j:image

 

滝の入り口で入場料60ペソを払い、中に入ります。

f:id:kensukemurase:20170307170453j:image

滝までの道中も自然いっぱい。

f:id:kensukemurase:20170307170623j:image

そして滝です。

f:id:kensukemurase:20170307170740j:image

地元の少年ら数人が滝壺に飛び込んだりして遊んでいます。

友達同士で来れたら中に入りたかった。

 

友達のいない僕は自撮り。。。

f:id:kensukemurase:20170307171131j:image

寂しさが顔に出てました。笑

 

しばらくの間座ってぼーっとしてホテルに戻りました。

 

 

明日の朝、バスでレガスピに向かいます。

広告を非表示にする

ナガ中心街

早朝6時前にナガのバスターミナルに到着。

バスの運転が荒いと聞いてはいましたが、ここまでとは。。。

スピード出し過ぎ+何台の車を抜かしたんだと言わんばかりの蛇行運転。

中々ハードな体験をしました。

 

バスを降りて、何処かに行こうにもまだ真っ暗です。

予約したホテルのチェックインの12時まで時間を潰さなきゃと思い、24時間営業のマックかジョリービーを探します。

※ちなみにジョリビ(略)はフィリピン中にマック並みの店舗数を誇るファストフード店です。

 

マックが2km弱のところにある!と思い、覚えたてのGrabを使ってタクシーを呼ぼうとしましたが近くにいないと言われ終了。

その辺のタクシーは断じて使いません!

 

とはいえ一人で歩くのは危険と感じたので、近くを歩いていたお婆さんに話しかけ、行きたい方面が同じだったので、一緒に歩きます。

お婆さんでも地元民ってだけで安心感が違うわぁ。

 

無事マックで朝飯を食べ、携帯で周辺の情報を探したり、店員と話したりして。。。え?まだ7:30です(°_°)⚡️

 

マックでは落ち着けず、

ダメ元で予約したホテルに行き、荷物を預けてリビングで寝させてもらえるか交渉に行きます。

 

すると前日、泊まっている客はいないらしく、もう入って良いとのこと。

 

この度初めてのシングルルームに期待しましたが、この様です。

f:id:kensukemurase:20170307105539j:image

WiFiなし

・電波も届かない

・エアコンなし

・シーツにシミがいっぱい

・蟻、ゴキブリいる

 

そりゃあ、誰も泊まらんわ(°_°)

WiFiに関しては、サイトに全室完備と書いてあるのに、文句言ったら私はバイトだからわからない的な感じ。

良いとこといったら、ダウンタウンへのアクセス面だけ。

 

不覚にも2泊分の予約を取ってしまった。

 

 

朝早すぎて何処もオープンしてないので3時間程仮眠。

案外、寝れるもんだなぁと自分のポテンシャルを見直しました。

 

12時頃外に出て街を散策します。

本当に何もないです。

何かないかと人に尋ねても、何もなさ過ぎて、皆んな口を揃えてショッピングモールと言います。

仕方なしに好きでもないSMモール(ショッピングモール)に行き先を決めたわけですが、(フリーWiFiあるし)まだ乗ったことのなかったフィリピン名物トライシクルで向かいました。

 

トライシクルとはバイクの横にサイドカーみたいなモノを取り付けた庶民の乗り物です。

f:id:kensukemurase:20170307105631j:image

 

乗り心地は悪くないですが、思っていたより遅いです。

2.5kmぐらい走って10ペソ(≠22円)です。メーターがあるわけではないので金額の設定は不明。

 

SMモールに到着し、昼飯を食べ、モール内をぶらぶら。

その後、モールから出て、周辺をぶらぶら。

 

 

すると、教会を見つけました。

 

教会といえば、

昔、ワーホリでカナダのウィニペグに住んでいる時に友達作りのために週一で通ってました。(僕は無宗教ですし、キリスト教に関しての知識は全くありません。)

意外とよそ者に対してフレンドリーなのです。

 

そんなこともあったため、僕にとって教会を訪れることはキリスト教でなかったとしても、敷居が高いと感じたことは特にありません。

 

 

興味があって中を見たいと伝え、中に入れてもらえました。(勿論、自分が無宗教なこと、キリスト教に入りたいわけではない旨を伝えます。)

てっきりお祈りに来てる人がいると思って入ったのですが、利用時間を過ぎてたみたいでわざわざ鍵を開けて入れてもらいました。

しかもマンツーマンの説明付きです。笑

 

f:id:kensukemurase:20170307105724j:image

f:id:kensukemurase:20170307105733j:image

f:id:kensukemurase:20170307105739p:image 

協会を後にします。

 

今度はダウンタウンの広場で屋台がやってます。

f:id:kensukemurase:20170307105832j:image

ソーセージと鶏肉串をホットソースに付けて食べます。なんか酸っぱい。。。

f:id:kensukemurase:20170307105849j:image

 

そして、部屋に戻りシャワーを浴びて寝ようとしたら、ここは水シャワーでした。

外は暑いとはいえ、冷たい。。。

 

嗚呼、ここはまるで修行みたいです。

広告を非表示にする

マニラ〜ナガ

のんちゃん家2日目。

 

今日はボニファシオから歩いて行ける

マッキンリーヒルへ。

f:id:kensukemurase:20170306150405j:image

閑静な住宅街であるマッキンリーヒルはイタリアのベニス、フィレンツェ等をモチーフにして作られたエリアだと言われています。

同じ高級住宅エリアでもボニファシオとはまた違う雰囲気を持っています。

f:id:kensukemurase:20170306150438j:image

この住宅街を抜けると大型商業施設があります。

内装も当然、こんな感じ。

それに、フィレンツェ定番のカヤック的な乗り物(名前がわかりません)もあります。

f:id:kensukemurase:20170306150554j:image

テナントはほとんど他のモールと変わり映えなく、貧乏旅行者には退屈です。

 

34℃になったこの日は日差しが強く、帰りにスタバでアイスコーヒーを買って、歩いて戻ります。

 

帰り道にいくつものコンドミニアムを目の当たりにし、一昨日までマニラのヤバそうなエリアに宿泊していた僕としては、貧富の差をはっきりさせる国だなぁというのが感想としてあります。

しかも建設中の建物がまだまだ沢山。

これから更に拡大するでしょう。

f:id:kensukemurase:20170306151941j:image

f:id:kensukemurase:20170306151952j:image

だって数キロしか離れてないのに全然違いますもん。住居だけではなく、身なりも、表情も。

f:id:kensukemurase:20170306152339j:image

 

そして家に帰宅。

家でゆっくり過ごし、夜飯にボニファシオのうどん屋さんで大好きなカツ丼&うどんを。

 

久々に食べたからめちゃくちゃ美味しかった( ͡° ͜ʖ ͡°)✨

f:id:kensukemurase:20170306152619j:image

そして、21:30の出発に間に合う様、ボニファシオをタクシーで出発します。

 

のんちゃん、2日間ありがとう!

次会うときはおそらく日本だね(^^)

フィリピンで元気に頑張ってください✨

 

 

補足ですが、

タクシーは【Grab】というアプリで呼ぶと料金が明確に表示され、ボラれないです!

もちろん、相場の値段です。

使用者がドライバーさんの評価をするシステムになっています。

f:id:kensukemurase:20170306155945p:image

 

 

予定通りの時間にバスターミナルに着き、これからナガまでバスで9時間の長距離移動になります。

f:id:kensukemurase:20170306154625j:image

 

では、行ってきます。

広告を非表示にする

従兄弟"のんちゃん"

今日はなんと従兄弟と会う予定です。

彼はマニラの中心地から車で20分程離れたフォート・ボニファシオ・グローバルシティに住んでいます。

 

ボニファシオは新興都市でインターナショナルスクールや各国の大使館が多くある、つまりは高所得者が住むエリアです。

 

同い年で小さい頃は良く家へ遊びに行き、のんちゃん・けんちゃんと呼び合ってましたが、大人になってからは遊びに行かなくなってしまい久しく会ってません。

と、言いたいところですが僕が以前勤めていたカフェに奥さんと来てくれています。3年ぐらい前?

 

でもまぁ、時間を気にせず会えるのは10年ぶりくらいなのかなぁ。

 

異国の地で会えるなんて不自然なことです。なんだか血の繋がりを感じました。

 

のんちゃんは単身赴任でこの街に住んでいて、なんと会社の専属ドライバーさんまでいます。

 

のんちゃんは諸用で家から離れられず、ドライバーさんが朝10時にドミトリーまで迎えに来てくれました。

 

僕はタクシーに乗る度に交渉しなきゃいけない立場なので、専属ドライバーがいるのんちゃんとは同い年でも身分が違うなぁという感想を持ちながらもタクシーに乗りこみ、のんちゃんの家へ向かいます。

 

到着して驚愕でした。

 

な、なんて凄い家だ。

プール(2箇所)付き、トレーニングルーム(2箇所)付き、会議室付き、ガードマン付きの超高層マンション

 

売れっ子の芸能人が住んでそうな家のエントランスで待ってくれています。

 

そして、久々の再会。

とても嬉しいです✨

 

積もる話も沢山ありますが、今日の目的地のタガイタイにドライバーさんと向かいます。

 

早速車の中で、お互いに知らない大人になってからのことを語り合います。

年が同じというのは良いですね。

 

 

途中のモールでフィリピンフードを食べながら初ツーショット。

f:id:kensukemurase:20170305034515j:image

 

食べ終わり、

再びモールから車で30分程でタガイタイ到着。

 

入場料20ペソを払って、頂上へ。

f:id:kensukemurase:20170305035112j:image

ちーん。

 

f:id:kensukemurase:20170305035550j:image

天空の城状態で、下界の町並みなど一切見えません。

 

 

 

その他は別に大したところはありませんでした。

f:id:kensukemurase:20170305035828j:image

f:id:kensukemurase:20170305035839j:image

f:id:kensukemurase:20170305035853j:image

 

のんちゃんとドライバーさん。

 f:id:kensukemurase:20170305035728j:image

 

続いて、見晴らしの良い丘のような場所へ移動。

f:id:kensukemurase:20170305040204j:image

さっきよりかは見えます。

バックに映るのは雲ではなく陸地です。

 

天気が良いとこんな感じで見えます。

f:id:kensukemurase:20170305040846j:image

 

50年程前に度重なる噴火により海がせき止められ湖になったみたいです。

 

f:id:kensukemurase:20170305041149j:image

少しずつ見えて来ましたが、待ちきれず退散。

 

 

そして最後は、美味しいコーヒーで評判のBag of Beansへ。

f:id:kensukemurase:20170305041413j:image

凝りすぎてない内装が非常にオシャレです。

f:id:kensukemurase:20170305041541j:image

客席からの景色も綺麗です。

f:id:kensukemurase:20170305041718j:image

 

そして、コーヒーとアップルパイアラモードを注文。

f:id:kensukemurase:20170305041842j:image

コーヒーは程よい苦味と渋みがあり非常に飲みやすいです。

アメリカンっぽい濃さです。

アップルパイも美味しい。

 

のんちゃんがご馳走してくれました。

 

お店を出る前に一枚。

f:id:kensukemurase:20170305042305j:image

ここはまた来たいと思える素敵なお店でした。

 

ボニファシオに戻ったのは夕方過ぎ。

ドライバーさんとお別れを告げます。

今日一日ありがとうございました!

 

ケーキを食べたからそんなにお腹が空いてないけど、家でゆっくりした後に外に出かけるのは面倒だなと思い、家にバックパック等の荷物を置いてすぐHigh Street(商業施設)へ歩いて向かいます。

 

カッコいいのバーで軽めの料理とフィリピンビールの定番サンミゲルで乾杯。

またまた色んなことを語り合い、帰ろうとしてるところ、近くに座っていたハワイから来ている老夫婦に声をかけられ、ビールをご馳走してもらっちゃいました。

f:id:kensukemurase:20170305045517j:image

 

その後は部屋に戻り、シャワー。

充実した一日でした。

 

明日は何しよう。

広告を非表示にする

ナガ行きのチケット

フィリピンはマニラ滞在だけを予定しているわけではありません。

 

マニラのあるルソン島から、サマール島、レイテ島、そして最後はセブ島まで縦断する予定です。

 

島々を陸路と水路で進み、最終目的地のセブ島を目指します。

 

そのための最初の大移動がルソン島南部に位置するナガ市です。

 

明後日の夜に出発したくてネットでチケットを購入しようとしたら、4日以内のチケットは買えないらしい。

 

当日直接バスステーションに行って買っても良いが、空いてない場合を15kg程あるバックパックを持って待つのは面倒。更にその日の運行が終わってしまった場合、バックパック担いで + 泊まる場所も探さなければならない。

 

それは地獄だと思い、今日行きます。

 

 

ドミトリーのあるBuenda駅からMRTで北方面のCubao駅を降りてすぐ。

 

バス会社は色々あるけど、評判が良いピルトランコに行きます。

 

チケット購入窓口に行く前に大体の値段を確認しようにもどこにも書いていない。

確かネットで700ペソぐらいだった気がするけど。。。と思い、近くの椅子に座っていたバス会社のおじさんに値段を聞くと900ペソと言う。

 

ん?   おかしい。

 

高くないかと聞くと、日本人だからお金あるでしょと言う。

 

思わず、「Are you crazy? 」

と強めに言い放ち、おじさんは少し黙った。

そのまままくし立てるように「ウェブサイトで見たから値段知ってるんだよ!」と言うと窓口に行けと言う。

 

出た!この外国人を騙すカルチャー!

と思いながら窓口に並び、自分の番。

 

最初から、「ナガまで行きたいんだけど700ペソで良いですよね?」と聞いた。

窓口の兄ちゃんはさっきのおじさんと目を合わせ、756ペソと言ってきたので、きっとそれぐらいだったなと思い購入。

 

マニラに来てからこんなんで本当疲れる。

 

マニラ以外の田舎はそんなことないらしいのでそれに期待したいです。

 

帰りもMRTで帰るわけですが混んでる、車も大大大渋滞。

これはホームではなく、ホームに降りるための階段です。

f:id:kensukemurase:20170303234535j:image

昨日も一昨日も同じく混んでますが、今日は嫌なところが目に付く1日でした。

 

早く田舎に脱出したい。

広告を非表示にする